制作プラス

web制作や映像制作に関する知識のアウトプット

カーニングで文字間の調整を意識しよう。

カーニングで文字間の調整を意識しよう。

webデザインの画像文字。フライヤー、名刺などの作成時。

文字のカーニングを意識していますか?

スポンサー リンク

カーニングでの文字間の調整

下記の例を比較してみてください。

カーニング 比較

 

 

 

 

上が初期設定のまま打ち込んだテキスト。

下が文字のカーニングを詰めたものです。

カーニングを詰めた方が、全体の文字のバランスが取れているのがわかりますか?

具体的に言いますと、下記の赤い印の部分のカーニングを詰めました。

カーニング 比較

上記の赤い部分は、文字と文字の間隔が開きすぎているのが気になります。

「web」と「制作」の文字間とか。空いてますよね。

 

調整パネルの確認

カーニングの調整はイラレの場合、右のウィンドウパネルから「文字」→「文字間のカーニングを設定」から調整できます。↓

カーニング

 

 

 

 

 

 

フォトショの場合も同様に、右の文字パネルから選択。↓

文字 カーニング

 

 

 

 

 

カーニングのショートカットキー

 

ショートカットキーもあります。慣れてきたらほとんどこちらですね。

イラレもフォトショも同様に、カーニングを詰めたいor空けたい箇所にカーソルを合わせて

「alt」キー+「←」=文字間隔を詰める

「alt」キー+「→」=文字間隔を空ける

Macの場合は「alt」が「Opt」に変わります。

カーニングは基本中の基本。

文字間の詰める、空けるの間隔を是非覚えましょう。

お試しあれ。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


スポンサーリンク
Return Top