制作プラス

web制作や映像制作に関する知識のアウトプット

【Premiere pro】セーフマージンを意識して編集しよう

【Premiere pro】セーフマージンを意識して編集しよう

映像編集の際には、セーフマージンのエリアを意識しましょう。

アクションセーフ

スポンサー リンク

アクションセーフゾーンとタイトルセーフ

外側の赤色の枠がアクションセーフゾーン。
その内側の青枠がタイトルセーフ。

アクションセーフゾーンとはTV(ブラウン管)の画面を100%とした時に、アクションセーフより外側の領域は表示されないですよという、基準の領域です。

TV画面での映像制作を想定した場合、ここのアクションセーフの領域に収めることを意識して制作を。

そして、タイトルセーフはテロップが確実に表示されますよという領域の基準。

テロップはタイトルセーフ内に入れておけば間違いない。


アクションセーフ。
タイトルセーフ。

映像編集の際にはこの2つを意識して編集するといい。

エリアが表示されていない時は、右のボタンエディタ(①)から、セーフマージンのアイコン(②)をドラック&ドロップで追加しよう。↓

キャプチャ

お試しあれ。

 

プロフィール

kazu
新潟県越後湯沢出身
WEBデザイン・映像制作の記事を中心に日々学んだ事を記事としてアウトプットしております。
web/映像/紙媒体/デザイン全般

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top